Instagram
Instagram

実績をみる〜バックアップ〜

なつかしくて、
あたらしい
日本のあいだがらを創る

私たちの想い

About us

組織情報

HITONOMAの想い

なつかしくて、あたらしい、
日本のあいだがらを創る

人口減少の日本で、本当の地方創生や震災復興とは何か。

何度もハコモノ、イベント作って地域から出ていき、ハコモノ、イベントで身内で盛り上がって、地元民に還元されない、そのような地域コミュニティでは成り立たないことが繰り返されてきました。

私たちは、各地方で見た「あいだがら」について考えてきました。田舎と町、消費者と産業、会社内の関係性居住地の関係性、地元民と移住民、これまでは「分断」だったのではないでしょうか。

私たちは、地域と活動を越え、デジタル町民やリアル町民、デジタルノマド、ワーケーション、そして多様な「まちの駅」等の地域同士の交流で選択肢を増やし、なつかしい日本の続き間のような交流するあいだがらを創り、未来に向けての豊かで新しい「地域・産業の活性化」につながると考えます。

HITONOMAの想い

なつかしくて、あたらしい、
日本のあいだがらを創る

人口減少の日本で、本当の地方創生や震災復興とは何か。

何度もハコモノ、イベント作って地域から出ていき、ハコモノ、イベントで身内で盛り上がって、地元民に還元されない、そのような地域コミュニティでは成り立たないことが繰り返されてきました。

私たちは、各地方で見た「あいだがら」について考えてきました。田舎と町、消費者と産業、会社内の関係性居住地の関係性、地元民と移住民、これまでは「分断」だったのではないでしょうか。

私たちは、地域と活動を越え、デジタル町民やリアル町民、デジタルノマド、ワーケーション、そして多様な「まちの駅」等の地域同士の交流で選択肢を増やし、なつかしい日本の続き間のような交流するあいだがらを創り、未来に向けての豊かで新しい「地域・産業の活性化」につながると考えます。

HITONOMAの志 (パーパス)

HITONOMAの存在意義

空き家、空き地、地域の資産を起点に、その土地の歴史、文化、地元の想いを尊重したエリアマネジメントと、持続可能なひとと街のあいだがらを創り、分散型社会の実現を目指します。

HITONOMAの志(パーパス)

HITONOMAの存在意義

空き家、空き地、地域の資産を起点に、その土地の歴史、文化、地元の想いを尊重したエリアマネジメントと、持続可能なひとと街のあいだがらを創り、分散型社会の実現を目指します。

HITONOMAの志について

問題に対する課題は山積しております。重要なのは個々の行動変容と考え、
自身の日々の行動を少しずつ、
私たちと一緒に変えていきませんか。

・急激な人口減少と高齢化

・狭まる国内市場パイの奪い合い

・廃れゆく地方一次産業と、人と企業の都心集中

それは、ニュースで見る遠い他人おことや、行政のすることと思いがちではありませんか。

消滅に向かう私たちの各地の町を新しいあいだがらを創り、新たな交流人口に結びつけたい。

ここにいる地域の私たちと、そこへ訪れる私たちが、自分事として問題を知り、分散型社会へ向けて個々人が行動を変える必要があると考えます。

HITONOMAの志について

問題に対する課題は山積しております。重要なのは個々の行動変容と考え、
自身の日々の行動を少しずつ、
私たちと一緒に変えていきませんか。

・急激な人口減少と高齢化
・狭まる国内市場パイの奪い合い
・廃れゆく地方一次産業と、人と企業の都心集中

それは、ニュースで見る遠い他人おことや、行政のすることと思いがちではありませんか。

消滅に向かう私たちの各地の町を新しいあいだがらを創り、新たな交流人口に結びつけたい。

ここにいる地域の私たちと、そこへ訪れる私たちが、自分事として問題を知り、分散型社会へ向けて個々人が行動を変える必要があると考えます。

HITONOMAの未来像について

未来を思う

「まちの駅、ひとのま」として、ひと・まち・テーマをつなぎ、地域を活性化します。まずは今この郷(ふるさと)から。

実は、私たちにはさまざまな「郷(ふるさと)」があります。

しかしこれまでは、ひとつのつとめ先ではたらき、ひとつの地域で「定め」のように考えて暮らしていたのではないかと思います。

けれども、私たちは、遠くに住むデジタル町民と、そこに住むリアル地元民とを、さまざまなテーマでつなぎ、多様で複数の選択肢を持つ仕事、地域の暮らし方を提供します。

各地域のMA(間)を大切にし、いろいろなあいだがらで解を提供します。

そして、デジタル町民も、リアル住民もいつでも「おかえり」、「またね」と気軽に交流できる「心とまちの駅近(エキチカ)」になることを願っています。

HITONOMAの未来像について

未来を思う

「まちの駅、ひとのま」として、ひと・まち・テーマをつなぎ、地域を活性化します。まずは今この郷(ふるさと)から。

実は、私たちにはさまざまな「郷(ふるさと)」があります。

しかしこれまでは、ひとつのつとめ先ではたらき、ひとつの地域で「定め」のように考えて暮らしていたのではないかと思います。

けれども、私たちは、遠くに住むデジタル町民と、そこに住むリアル地元民とを、さまざまなテーマでつなぎ、多様で複数の選択肢を持つ仕事、地域の暮らし方を提供します。

各地域のMA(間)を大切にし、いろいろなあいだがらで解を提供します。

そして、デジタル町民も、リアル住民もいつでも「おかえり」、「またね」と気軽に交流できる「心とまちの駅近(エキチカ)」になることを願っています。